FC2ブログ

ARTICLE PAGE

羊のしるし道具店で、『本好きの夜会』を開催しました。

この度、勝川の「羊のしるし道具店」で、
「カフェ百時」さんとの合同企画イベントを始めることになりました。

その会の名は、『本好きの夜会』

両店主ともに趣味嗜好は違えど本が好きなので、
本の好きな人が楽しみ集える会ができたらと、
以前から考えていました。

でも本を読むだけの会だと、敷居が高いと感じる人も多い。
なので、読むだけでなく、本にかかわる道具を作ったり、
本自体を作ったり、本のデザインを語り合ったり、物語を創作したり・・・

そんな、いろいろなタイプの人に馴染みやすい本の会にしようと
いうことになり、始めたのがこの「本好きの夜会」です。

本好きの会



そして10月28日(金)、第一回目「革のしおりを作る会」を開催しました。

今回は本にまつわる道具作りシリーズ。
講師に、愛知県幸田町で活動されている革雑貨工房 UGLYさんをお迎えし、
革で本のしおりを作りました。

今回の場は、カフェ百時さん。
世界の図書館や蔵書票の本など、
「本に関する本」も並べて、本に囲まれながら会は始まりました。

ほんの会


夜のカフェ百時さんは、日中とはまた一味違う居心地の良さがあります。
呼吸が深くなり、なにかにすっと集中できるような、
そんな穏やかな静けさを感じます。

そんな空気感の中、店主小島の挨拶と本の話を経て、しおりづくりは始まりました。


会


先生に教わりながら、それぞれ好きな形を描き、好きな色の革を選んで、
描いた通りの形に切ったり、そこにまた色や絵を描き足していったり。

集中して物を作る時間はたのしい・・・!


ほんの会道具


いろんな模様やアルファベットが、かたどられた道具たち。
木槌で打って、革の表面に模様やアルファベットを刻印します。


unnamed-2.jpg


参加者のみなさんの個性がつぶぞろい!お気に入りのしおりが完成しました!



しおり


読書のお供としてずっと使えるしおり。
自分で作ったしおりを使うと、本を読むことが一層楽しくなりそうです♩


しおりを作った後は、カフェ百時さんのコーヒーや
紅茶を飲みながら皆さんでおしゃべり。
作ったしおりをどんな本に使いたいかをみんなで話したり、
今までどんな本を読んできたか、などなど
本と自分に関するいろいろな話をしました。

「本好きの夜会」は、ちょっとした遊びや作業をきっかけに
本の話やイメージが様々に広がっていく会になりそうです。

そしてそこで芽生えた楽しい予感を抱きながら、
それぞれの日常へ戻る。
そんな時間になればいいな、と思っています。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。