FC2ブログ

ARTICLE PAGE

ああ、素晴らしきちゃぶ台生活。


こんにちは。羊のしるし道具店の店主の小島です。

少し前にFacebookなどでもお伝えしましたが、
羊のしるし道具店はちゃぶ台を導入しました。


ちゃぶ台上空より


初めは会などで使える四角い机を入れたいな
なんて考えながら机を買いにいったんですが、
道中に寄ったとある場所でちゃぶ台に案内される機会がありまして。
そこでの居心地がとてもよかったのをきっかけに、
「ちゃぶ台がいいのでは」という意見が妻より
発せられ、その結果ちゃぶ台を購入することになりました。

そうして仲間入りしたちゃぶ台ですが、
本当にちゃぶ台にして大正解。
なぜもっと早くちゃぶ台を入れておかなかったのか、
と思うくらいに店に馴染み、使っていても居心地が良いのです。

その理由はいくつか。
円卓の形、座ってみればわかりますが、
どこに座っても直線と向き合うことはありません。
四角い机に座っていると、どうしても
机の正面と相対することになるのですが、
ちゃぶ台には正面、という概念すらありません。

ですので、一人でちゃぶ台に座ると
なんだか不思議な自由を感じるのです。
通常の机とは全く違う心地です。

そして、ちゃぶ台の素晴らしさがもっとよくわかるのが、
団欒です。誰かと机を囲うとき、ちゃぶ台は
どんな机よりも素晴らしい居心地を実現させてくれます。

正面がない、というちゃぶ台の特性は、
向かい合う人との対立も回避してくれます。
位置的には正面にいて、相向かいになっている人に対して、
四角い机の時に感じるあの緊迫感がほとんど感じられないのです。
円卓の曲線のなせる技、初めての人ともリラックスして話すことができます。

そして、もうひとつ。
意外に広々です。
うちのお店のちゃぶ台は95センチくらいの
直径なんですが、四人で囲んでも狭さを全く感じない。
それでいて部屋を狭くしない。
円形なので角がないぶん、部屋に対しての
圧迫感がありません。

そのおかげか、ちゃぶ台をいれてからは、
お客様の数も増えています。
滞在時間もほどよく長くなり、
こちらにとってもとても有意義な
会話をさせていただけてるように思います。

もはやちゃぶ台はオヤジが
ひっくり返すものでもない。
これからは、お店も家庭のリビングも、円卓が
どんどん増えていくに違いないと思う今日この頃です。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。